收藏

シャネル財布新作編集

 振り向くと、ショートカットとメガネの背の高い女の子が立っていた。しかし、誰《だれ》なのかはっきり思い出せない。 「あ、そう。ひょっとして西尾《にしお》先輩《せんぱい》も来たりする? たまに茶道部《さどうぶ》の部室にいるよね?」  一瞬《いっしゅん》、葉は目を閉じた——西尾さん。裕生ちゃんの友達。  彼女のことははっきりと思い出すことができる。 「来ないと思う」 「そう。でも、もし会ったら神崎《かんざき》が捜してたって言っといて欲しいんだけど」  神崎、という名字《みょうじ》を葉は口の中で繰《く》り返した。それを聞いた途端《とたん》、断片的に彼女についての記憶《きおく》が蘇《よみがえ》った。確か演劇部《えんげきぶ》に所属していたはずだ。みちるの後輩にあたる。 「……分かった」  葉《よう》はあいまいにうなずいて、逃げるようにその場を立ち去った。  新学期になってから、葉は教室に居《い》づらくなった。半数近くのクラスメートの名前を思い出せない。何人かは顔すらも分からなかった。  旧校舎へ通じる渡り廊下に来たところで、葉は立ち止まった。彼女はスカートのポケットから手帳と短いボールペンを出した。ぎっしりと細かい字が書きこまれたページをめくって、新しいページに「神崎《かんざき》さん。クラスの人。演劇部《えんげきぶ》。ショートカット。背が高い」と書きこんだ。こぼれ落ちていく記憶《きおく》の代わりがこの手帳だった。  その日起こった忘れてはいけないことや、もともと知っていたはずのことを手当たり次第に書きこんでいる。機会《きかい》があるとこれを開いて、なにを憶《おぼ》えておかなければならないかを確認《かくにん》しているのだった。  葉は元通りに手帳をしまって、新校舎と旧校舎の間にある中庭を窓越しに見下ろした。植木や藤棚《ふじだな》やベンチが並んでいる光景を、初めて見るような気がした。学校を歩いていると、しょっちゅう見覚えのない場所に出くわす。  記憶を失うにつれて、世界は葉の知らない場所になっていく。「黒の彼方《かなた》」が龍子主《たつこぬし》を取りこんでから、記憶の欠落は速度を増した。授業を受けても後からうまく内容を思い出せない。こうして学校に通うことができるのも、あとわずかな間だけの気がする。  本当は今も学校を休んだ方がいいと病院の医師に言われている。しかし、それだけは断固《だんこ》として拒否していた。学校を休めばそれだけ裕生《ひろお》と離《はな》れることになる。  葉が一番恐れているのは裕生にまつわる記憶を失うことだった。離れている時間が増えれば、それだけ忘れていくことが多い気がする。わずかでも一緒《いっしょ》にいる時間を減らしたくなかった。 「……にちは」  どこかから声が聞こえた。
表示ラベル: