財布レディース二つ折りがま口
null
ディズニー デザイナーシンジカトウ 【プーさん口金札入れ】二つ折りがま口財布レトロ[SKD-612]
__4,21200
ディズニー デザイナーシンジカトウ 【プーさん口金札入れ】二つ折りがま口財布レトロ[SKD-612] 
(ポールスミス) Paul Smith アンティークフレーム 二つ折りがま口財布 ゴートスキン ブルー
__15,75000
(ポールスミス) Paul Smith アンティークフレーム 二つ折りがま口財布 ゴートスキン ブルー 
天然蛇革を使用したワイルドな二つ折りがま口財布|男性用・女性用・男女兼用・パイソン・ニシキヘビ・シンプル・高級・薄型
__6,15000
天然蛇革を使用したワイルドな二つ折りがま口財布|男性用・女性用・男女兼用・パイソン・ニシキヘビ・シンプル・高級・薄型 
(ポールスミス) Paul Smith PAUL×ロゴ 牛革 二つ折りがま口財布 ピンク
__14,75000
(ポールスミス) Paul Smith PAUL×ロゴ 牛革 二つ折りがま口財布 ピンク 
[アンチフォルム デザイン]Anti-Forme Design レディース 折り財布 箔のせカンガルー革 二つ折りがま口財布
__12,96000
[アンチフォルム デザイン]Anti-Forme Design レディース 折り財布 箔のせカンガルー革 二つ折りがま口財布 
[ダコタ] Dakota がま口 二つ折り財布 0036200 (0030000) リードクラシックシリーズ
__12,96000
[ダコタ] Dakota がま口 二つ折り財布 0036200 (0030000) リードクラシックシリーズ 
null「ルーズベルトは今次戦争を第二次世界大戦に拡大した煽動者であり、さらに、最大の対立者であるボルシェビキ・ソビエト同盟を強固にした愚かな大統領として、歴史に残るであろう」  この悪意に満ちた放送に心を傷めたのは、アメリカに亡命中のドイツ人作家トーマス・マンである。ニューヨーク・タイムズが報じた日本国首相のあり方と比して、何という心ない行いであることか。たとえ戦火の下にあるとはいえ、人間性だけは喪われてはならないのではないか。  トーマス・マンは祖国ドイツへのラジオ放送で訴えた。 「ドイツ国民諸君。皆さんは大日本帝国の鈴木貫太郎首相が、故ルーズベルト大統領を偉大な指導者とよび、その死に際してアメリカ国民に対し深甚なる弔意を表したことを、どう考えますか」  トーマス・マンの言葉はより深いところに触れた。 「東洋の国日本にはいまなお騎士道が存し、人間の品性に対する感覚が存する。いまなお死に対する畏敬の念と、偉大なるものに対する畏敬の念とが存する。これが日独両国の大きな違いでありましょう……」  英首相チャーチルも、鈴木の�弔意�には深く心を打たれた。かれの『第二次大戦回顧録』には、こんな文字がみえる。 「日本の首相は、ルーズベルトの死に�深甚な同情�を表明した。指導者を失ったアメリカ国民に、今日のアメリカの有利な地位をもたらした人を失ったことは同情されると語った」  鈴木内閣の閣僚も、軍も、日本国民も、だれひとりとして、このことを知らなかった。当の鈴木総理自身が、そして同盟の古野社長も、一人の日本人の真率な発言が世界に道義的な波紋をなげかけていることに気づかなかった。  しかし、反動は思いがけないところからやってきた。ドイツ政府当局が、ルーズベルトの死をめぐるこうした一連の国際的な動きに怒ったのである。ドイツ駐在日本大使大島浩に、弔電を発したことに対する不満を訴えてきた。大島大使より報告をうけた陸軍はこれを重大視した。  陸軍中央の青年将校らが首相の真意を詰問すべく、首相官邸に面会を強要してきた。軍刀を威嚇的に音させながら、正面に立つかれらににこにこと笑いかけて、鈴木はあっさりいった。 「古来より、日本精神の特性の一つに、敵を愛す、ということがある。私もまた、その日本精神に則ったまでです」  あっけにとられた将校たちは、それでも態勢を建て直しながらさらに問うた。「ならば首相の決意は、いぜんとして最後まで戦うということに変わりありませんか」  鈴木は淡々としていった。 「うん、そうとも。変わりはない」  ルーズベルトの後継者となったトルーマンもまた、あくまで戦うことを米国民に誓った。 「日独両国は、アメリカが最後の一片を破砕するまで戦いぬくことを疑ってはならない。われわれは前途にまだ幾多の困難がある。しかし、要求は常にただ一つ、無条件降伏である。たとえ地の涯まで追いかけようとも、戦争犯罪者を罰するわれわれの決意は微動だにしない」  日本指導層の、あるいは政策に変化がもたらされるかもしれない、という甘い夢は砕け散った。またしても�無条件降伏�が、鈴木内閣の政策を和平に転換するための大きな障害となった。抗戦派はいきり立った。「地の涯までも追いかけて」とは、何という驕慢なことかと、いよいよ本土決戦の腹を固めた。